野球肘(上腕三頭筋炎)

  • 肘を伸ばすと痛い
  • ボールを投げると痛む
  • 肘の後ろが腫れている
  • 力が入らない感じがする
  • 長時間の投球がつらい

野球肘(上腕三頭筋炎)は、繰り返しの投球動作や過度の使用により、上腕三頭筋が肘の後方で炎症を起こし、痛みや腫れが生じる状態で、特に投球動作時や肘を伸ばす動作で痛みが増し、肘の後ろに圧痛や熱感が見られることがあります。

野球肘(上腕三頭筋炎)について|上尾市-さいたま市北区土呂/宮原すぎやま鍼灸整骨院

解剖学的背景

上腕三頭筋(Triceps Brachii)

  • 上腕三頭筋は、上腕の後面に位置する大きな筋肉で、長頭、外側頭、内側頭の三つの部分から構成されています。
  • この筋肉は肘関節を伸展させる主な役割を持ち、肩関節の伸展や内転にも関与します。

起始と停止

  • 長頭:肩甲骨の関節下結節から起始し、肘関節を越えて上腕骨の後面に付着します。
  • 外側頭:上腕骨の上部外側から起始し、肘関節を越えて上腕骨の後面に付着します。
  • 内側頭:上腕骨の下部内側から起始し、肘関節を越えて上腕骨の後面に付着します。

 

 

野球肘(上腕三頭筋炎)の原因|上尾市-さいたま市北区土呂/宮原すぎやま鍼灸整骨院

野球肘(上腕三頭筋炎)は、特に野球の投球動作などによる上腕三頭筋への過度な負荷や反復的なストレスが原因で発生します。以下に具体的な原因を詳しく説明します。

1. 過度な使用と反復的なストレス

  1. 過度の投球動作
    • 野球の投球動作は、肘を伸展させる際に上腕三頭筋に大きな負荷をかけます。特に投球回数が多い場合、上腕三頭筋に反復的なストレスがかかり、筋肉が過度に疲労します。
  2. 反復的な動作
    • 繰り返し行われる投球やその他のスポーツ動作が、上腕三頭筋に継続的なストレスを与え、筋肉や腱の炎症を引き起こします。

2. 投球フォームの問題

  1. 不適切な投球フォーム
    • 正しい投球フォームを身につけていないと、肘や上腕に過度な負荷がかかります。不適切なフォームで投げ続けると、上腕三頭筋に過剰なストレスがかかり、炎症を引き起こします。

3. 筋力と柔軟性の不足

  1. 筋力不足
    • 上腕三頭筋や関連する筋肉群の筋力が不足していると、投球時に筋肉が過度に引き伸ばされ、損傷を受けやすくなります。
  2. 柔軟性不足
    • 筋肉や腱の柔軟性が不足していると、急激な伸展や収縮に対して適応しきれず、筋肉が損傷しやすくなります。

4. 急激な負荷の増加

  1. 急激なトレーニング量の増加
    • 急に投球数やトレーニング量を増やすと、上腕三頭筋が負荷に適応できず、筋肉が損傷しやすくなります。

5. 過去のケガや損傷

  1. 既往歴
    • 過去に上腕三頭筋や肘のケガを経験している場合、筋肉や腱が弱くなっており、再度の損傷リスクが高まります。

6. 練習や試合での過負荷

  1. 過度な練習や試合
    • 練習や試合が続くシーズン中に、休息を取らずに投げ続けることで、上腕三頭筋に過度な負荷がかかり、炎症が起こります。

 

野球肘(上腕三頭筋炎)の症状|上尾市-さいたま市北区土呂/宮原すぎやま鍼灸整骨院

野球肘(上腕三頭筋炎)は、上腕三頭筋に炎症が起こることで、さまざまな症状を引き起こします。以下に、主な症状を詳しく説明します。

1. 痛み

  • 投球時の痛み
    • 投球動作や肘を伸ばす際に、肘の後方に鋭い痛みが生じます。特に力強く投げると痛みが増します。
  • 安静時の痛み
    • 症状が進行すると、安静時や日常動作中にも痛みが感じられることがあります。肘を動かさなくても痛みが続く場合もあります。

2. 圧痛

  • 触診時の痛み
    • 肘の後方を押すと強い圧痛があります。特に上腕三頭筋の腱付着部に触れると痛みが増します。

3. 腫れと炎症

  • 腫れ
    • 損傷部位に腫れが生じ、肘関節全体が腫れているように見えることがあります。腫れは炎症反応の一環として現れます。
  • 熱感
    • 炎症が起こっている部位に触れると、熱感を感じることがあります。

4. 可動域の制限

  • 肘の可動域の制限
    • 痛みと腫れにより、肘関節の可動域が制限されることがあります。特に肘を完全に伸ばしたり曲げたりすることが難しくなります。

5. 筋力低下

  • 筋力の減少
    • 痛みや炎症のために、上腕三頭筋の筋力が低下し、腕に力が入りにくくなります。これにより、投球や日常動作が困難になることがあります。

6. 疲労感

  • 腕の疲労感
    • 上腕三頭筋の炎症が続くと、腕全体に疲労感が広がり、長時間の投球や力仕事が難しくなります。

7. 動作時の違和感

  • 違和感
    • 肘の動きに違和感を感じることがあります。動かすときに引っかかり感や異常な動きを感じる場合があります。

 

野球肘(上腕三頭筋炎)に対する当院での治療|上尾市-さいたま市北区土呂/宮原すぎやま鍼灸整骨院

上尾市・さいたま市北区土呂宮原すぎやま鍼灸整骨院では、野球肘(上腕三頭筋炎)の患者様に対して、包括的で専門的な治療を提供しています。以下に、当院での具体的な治療内容を詳しく説明します。

1. 初診と評価

問診と視診
  • 症状の発生状況:痛みの部位、発生時期、原因となった運動や動作の内容について詳しくお聞きします。
  • 視診:患部の腫れ、内出血、変色の有無を確認し、症状の程度を評価します。
触診
  • 圧痛の確認:肘の損傷部位を触診し、圧痛点や硬結の有無を確認します。
  • 可動域の評価:肘関節の曲げ伸ばしの可動域を評価し、制限の程度を確認します。

2. 急性期の治療

RICE処置
  • Rest(安静):患部を安静に保ち、無理な動きを避けることで炎症を抑えます。
  • Ice(冷却):患部にアイシングを行い、1回20分を目安に、数時間おきに行います。これにより、腫れと痛みを軽減します。
  • Compression(圧迫):弾性包帯を使用して患部を圧迫し、腫れを抑えます。
  • Elevation(挙上):患部を心臓より高く挙げることで、腫れと内出血を軽減します。

3. 回復期の治療

手技療法
  • マッサージ:周囲の筋肉をマッサージして、緊張を緩和し、血行を促進します。これにより、痛みと炎症が軽減されます。
  • 筋膜リリース:筋膜の癒着や硬結を緩め、筋肉の柔軟性を回復させます。
電気治療
  • 低周波治療:筋肉に低周波の電流を流し、筋肉を収縮・弛緩させることで、血行を促進し、痛みを軽減します。
  • 超音波治療:超音波を使用して、深部の筋肉や組織の血流を改善し、治癒を促進します。
リハビリテーション
  • ストレッチ:柔軟性の回復を目的としたストレッチを行います。軽いストレッチから始め、徐々に負荷を増やしていきます。
    • 例:上腕三頭筋、肩甲骨周囲のストレッチ
  • 筋力強化エクササイズ:筋力の回復を目的としたエクササイズを行います。軽い負荷から始め、徐々に強度を増やしていきます。
    • 例:エキセントリックトレーニング、握力強化運動
  • バランストレーニング:バランスの回復を目的としたエクササイズを行います。これにより、全体的な筋力と安定性を向上させます。
    • 例:プランク、バランスボールエクササイズ
動作分析とフォーム指導
  • 投球フォームの見直し:投球フォームの分析を行い、肘や肩に負担の少ないフォームを指導します。
  • 反復練習:正しいフォームを習得するために、反復練習を行い、無理のない投球動作を身につけます。

4. 生活指導

日常生活の注意点
  • 正しい姿勢と動作:日常生活での正しい姿勢や動作方法を指導し、再発防止を図ります。
    • 体重管理:体重が増加すると患部にかかる負担が増えるため、適切な体重を維持するようにアドバイスします。
    • 靴の選び方:適切なサポートがある靴を選び、患部にかかる負担を軽減します。
トレーニングの計画
  • 徐々に負荷を増やす:トレーニング量や強度を徐々に増やし、急激な負荷を避けます。
  • 休息の取り方:適度な休息を取り入れ、筋肉や靭帯の回復を促進します。

5. フォローアップ

定期的な経過観察
  • 症状の評価:定期的に来院していただき、症状の評価を行います。治療の進捗や効果を確認し、必要に応じて治療計画を調整します。
リハビリの進捗確認
  • エクササイズの進捗:リハビリテーションのエクササイズの進捗を確認し、患者様が正しく行えているかをチェックします。必要に応じて新しいエクササイズを追加します。

 

まとめ|上尾市-さいたま市北区土呂/宮原すぎやま鍼灸整骨院

野球肘(上腕三頭筋炎)に対する当院での治療は、初診と評価から始まり、急性期のRICE処置、手技療法、電気治療、リハビリテーション、投球フォームの指導、生活指導、フォローアップまで、包括的で個別に合わせたアプローチを取ります。これにより、痛みの軽減、機能回復、再発防止を目指します。

上尾市・さいたま市北区土呂宮原すぎやま鍼灸整骨院では、野球肘(上腕三頭筋炎)の患者様に対して、最適な治療とリハビリテーションを提供しています。症状や疑問がある方は、ぜひお気軽にご相談ください。