ばね指

上尾市すぎやま整骨院でばね指を早期改善

  • 朝起きると指が痛くて伸ばせない
  • 指や手を動かすと痛い
  • スマホやPC作業が多い
  • 妊娠、出産後に指が痛い、違和感がある
  • 病院でばね指と言われ、手術を勧められた

ばね指とは|上尾市-さいたま市北区土呂/宮原-すぎやま鍼灸整骨院へ

ばね指とは腱鞘炎の一つで手のひらの付け根の痛みや曲げ伸ばした時の痛み、引っかかり感があり、悪化すると痛みで曲げ伸ばしができなくなり、手術が必要になることもあります。

指や手の使い過ぎ、妊産婦、40代以上の女性に多くみられ、日常生活に支障をきたすことで有名です。

当院でも多くの方のばね指の実績があります。
ばね指はそのうち楽になるだろうと考え、いつまでも楽にならずに発生初期から時間を経過してから当院へ相談される方がほとんどです。
ただ、時間がたってしまったばね指はそれなりに時間をかけて症状をみていかないと再度なってしまうことも多くあります。

急性的なものか、慢性的なものかは初回ご相談時によくお話をお伺いします。

ばね指に固定やサポーターは有効?

痛みの強いときは固定やテーピングでサポートをしますが、炎症や痛みが落ち着いている場合は腱の滑走をよくするような治療が必要になります。
固定する時期と動かす時期を間違えてしまうと、なかなかよくならないので注意が必要です。

※固定期間としておよそ2~3週間になります。

上尾市すぎやま整骨院ばね指腱鞘炎手首痛い

ばね指施術|上尾市-さいたま市北区土呂/宮原-すぎやま鍼灸整骨院へ

炎症期や痛みの強いときはできるだけ安静を保ちます、仕事などの都合で安静ができないかたは、必要最低限の固定やテーピングを処置する場合もあります。
炎症期や痛みの強い時期が過ぎてしまえば、腱の滑走や皮膚の動きをつけて、引っかかり感をなくしていきます。

軽度のものであれば1~3週間程度でよくなることがほとんどです。

上尾市すぎやま整骨院ばね指腱鞘炎育児スポーツ仕事細かい仕事

 

ばね指の専門知識|上尾市-さいたま市北区土呂/宮原-すぎやま鍼灸整骨院へ

ばね指は一口に腱鞘炎と言われていますが、いったいどこのどういった腱が炎症を起こしているか気になりませんか?

親指(第1指)のばね指であれば・・・

長母指屈筋、短母指屈筋、短拇指内転筋という筋肉たちが症状をつくります。

第2~第5指であれば・・・

浅指屈筋、深指屈筋といわれる筋肉たちが原因を作ります。筋肉の表面につく膜組織も重要な部分になります。
また、ばね指になる方の特徴で指を伸ばした時にあまり反り返ることができません。
普段から手をグーの状態にしていることが多いためでしょう。
専門的には、手の骨間筋や虫様筋と呼ばれる筋の柔軟性不足で指が反らなくなります。

ばね指の予防に指を伸ばして反り返るようにストレッチ(虫様筋や骨間筋のストレッチ)をすることも大切です。それでもよくならない場合は一度、当院へご相談ください。

ばね指の5度の分類

1度-腫脹瘤あり/クリックなし
2度-腫脹瘤あり/クリックあり
3度-弾発現象あり/自動伸展可能
4度-弾発現象あり/自動伸展不可能(通過困難)
5度-通過不可能

ばね指を5つの分類に分けて、治療を行います。
場合によっては、固定を行います。

ばね指の専門知識

Distal type:腱腫瘤がA1プーリーより遠位にある=IP関節自動屈曲に制限
Proximal type:腱腫瘤がA1プーリーより近位にある=IP関節自動伸展に制限

➡︎タイプによって、治療法が少し異なります。

以上、ばね指は多くのことが論文などから治療法も確立されつつあります。
すぎやま鍼灸整骨院グループでは、皆様に安心してご通院いただくために、確かな論文やエビデンスから治療を行っております。

執筆者:柔道整復師 上尾中央院 院長 平本 龍也(治療家歴13年)

私は学生時代から中学~大学まで野球をしていました。

その野球競技経験中に度重なるケガに悩まされていた際に整骨院で柔道整復師の方に治療をしていただきこの職業を知りました。

治療を通じて、ご来院いただいた皆様にとって、安心して体を預けられる治療院を創ることが目標です。現在は施術者として多くの患者様の痛みや悩み向き合っております。
すぎやま鍼灸整骨院グループをどうぞよろしくお願いいたします。

上尾市 すぎやま整骨院|症例

  • 上尾市 50代 男性 ばね指で物がつかめなくなったことで来院

    上尾市すぎやま整骨院腱鞘炎肘が痛い内側上顆炎

    日常生活内でときどき痛みとバネ症状で物がつかめなくなることがある。また、トラックの運転手で、ハンドル操作に支障が出てきたため不安になり来院。
    両手の親指のばね症状を確認、腫れや可動域制限がひどいため、当院での施術に加え、自分でできるテーピング方法を指導。さらに、自分で取り外す可能な固定具を作り週に10日に1回の通院していただく。テーピングと固定の頻度は本人にお任せした。
    結果として日頃の生活ではテーピングより固定をしていただくことが多く、安静が保てたため経過良好。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 上尾市 40代 女性 ばね指で来院

    上尾市すぎやま整骨院交通事故むち打ち後ろから衝突

    ばね指の症状は以前からあり、指の曲げ伸ばしの時に引っかかっていた。痛みや違和感はそこまで気にならなかったので、治療は何もせずに放置していた。最近になって、早朝に指を伸ばすと痛みがあり、また、引っかかりも強くなってきたため心配になり来院。
    初診時に右手の親指と中指のばね指症状を認め、左手の親指の軽度の引っかかり感を確認した。痛み、引っかかり感がひどくなってきた側は右手で、仕事で細かい作業が増えたようだ。週に2回の通院で2か月間治療を続け、現在日常生活では痛み違和感は全く気にならないよう状態まで回復した。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。