スポーツ障害 

上尾市すぎやま整骨院捻挫足首の痛み痺れテーピング

  • スポーツ中の痛みに悩んでいる
  • ランニング中に痛みを感じる
  • マッサージや整体でよくならなかった
  • 病院や整形外科で休むように言われた
  • 試合に出たい、間に合わせたい

サッカー中のケガ

上尾市 すぎやま整骨院スポーツ障害捻挫肉離れ成長痛小学生から社会人の方までサッカーをされている方、怪我でサッカーを諦めてしまった方など多くいらっしゃると思います。

サッカーの競技特性

片方の足を使うことが多くなり、足の筋肉の発達具合が左右均等ではないことが多くあります。股関節の前面や大腿四頭筋、すねの筋肉、指先の筋肉まで柔軟性不足が多く報告されています。

サッカーの怪我として

  • 上尾市すぎやま整骨院 捻挫 肉離れ 成長痛 シンスプリント オスグット足関節捻挫
  • 肉離れ 
  • 前十字靭帯損傷 
  • 半月板損傷 

などが多くあります。

そのほかに大腿四頭筋の緊張が原因の腰痛やコンタクトプレーの際の骨折などです。

ドリブル、キック、トラップ、ヘディング、スライディング、ショルダーチャージなどの特徴的な動作。しかも、これらの動作をプレー中に走りながら、相手を見ながら、味方に合わせながら正確に行う必要があります。

具体的なケガの理由として

ストップ・ターンの時バランスを崩す。相手のコンタクトの時やボールキック時に地面を蹴ってしまうことなどがあげられる。

施術方法

上尾市すぎやま整骨院 成長痛 スポーツ障害 オスグット シンスプリントプレーに参加するための最低条件として

  • ①患部の炎症反応がない
  • ②関節の柔軟性
  • ③筋力回復 

が最低条件になります。

その後は、テーピング、ストレッチ、エクササイズなどを個人の体の特徴に合わせて指導していきます。

サッカー競技者の特殊なケガたち

などはサッカー競技者の多くを悩ませるケガです。当院では数多くの臨床経験を踏んでいるためこのような特定のお怪我はほとんどが6回前後の施術で競技復帰ができるようになります。

競技特性やお怪我の状況、体の使い方などが決まっています。

痛みが出てしまうタイプ

いくら厳しい練習をしても痛みが出ないタイプ

圧倒的に体の使い方や負担のかかり方が違うためのことです。ご本人に気付かせることで再発防止や今後のケアについても詳しく説明し納得していただいております。

スポーツ障害に強いすぎやま整骨院へ是非一度ご相談下さい

上尾市すぎやま整骨院スポーツ障害成長痛シンスプリント オスグット 

バスケットボールでのケガ

バスケの多い怪我

 

バスケットの特徴として、スピード感があり、相手とぶつかり合う激しいスポーツです。また、一人のプレイするスペースがほかの球技よりも非常に狭いために切り返し、方向転換、カッティングでの素早い判断、反応、が必要になります。

バスケットは非接触型の競技ですが、最近では相手との接触は暗黙の了解になっており、ボディコンタクトの強さ、バランスが要求されるスポーツです。

バスケは後半にケガが多い

体力差の出る後半にケガが発生することが多く、さらに、床は滑らないので、足腰への負担が非常に大きくなります。
これを毎日のように繰り返すと膝まわりの骨や腱、筋肉、それにアキレス腱や足の骨などが悲鳴をあげます。

足関節の捻挫が再発率が5割以上

上尾市 すぎやま整骨院 スポーツ障害 成長痛 腰痛 骨盤矯正 整体また、女子の膝のケガ(前十字靭帯損傷)は、男子に比べて3倍以上との報告もあります。

足関節の捻挫後、不十分な固定やリハビリで、足関節の柔軟性が低下してしますと再発の危険性が上がり、パワーポジションの位置もとりずらくなってしまいます。さらには、腰痛にもなります。

プレー復帰までのながれ

①足関節の背屈可動域がケガの前の状態に戻っているか

②筋力検査で左右が同じ程度の力があるか

③かかと立ち、つま先立ち、ジャンプ、反復横跳びなどのリハビリで症状はでていないか

④3割・5割・7割・10割の順にダッシュすることができるか

この順にリハビリをこなしていくことがオーソドックスな流れになります。

 

『試合前の急なケガに対して』

上尾市すぎやま整骨院 成長痛 骨盤矯正 整体 スポーツ障害どうしても明日の試合に出たい!などのご希望が多く寄せられています。

当院では特殊な方法を用いて、急なケガでも試合に出られる状態までもっていくことができます。他院では休んだほうがいい状態でも、あきらめずに一度ご相談ください。

バスケットの特殊なケガ

 

などがあげられます。バスケット競技者の多くを悩ませるケガです。当院では数多くの臨床経験を踏んでいるためこのような特定のお怪我はほとんどが6回前後の施術で競技復帰ができるようになります。

競技特性やお怪我の状況、体の使い方などが決まっています。痛みが出てしまうタイプといくら厳しい練習をしても痛みが出ないタイプの方たちがおりますが、圧倒的に体の使い方や負担のかかり方が違うためのことです。ご本人に気付かせることで再発防止や今後のケアについても詳しく説明し納得していただいております。

 

スポーツ障害に強いすぎやま整骨院へ是非一度ご相談下さい。

上尾市すぎやま整骨院 スポーツ障害 成長痛 捻挫 骨盤矯正 姿勢矯正

バレーボールでのケガ

レーボールの多い怪我

などがあります。

肩の痛み

ボールを打つ瞬間の亜脱臼や上腕二頭筋腱が挟まったりすると痛みを感じます。
肩を上げるだけで痛いという時は炎症を起こしている可能性があります。
打った後いたいときは、関節の後側が緩んでいるか、炎症しているからです。

膝の痛み

大腿四頭筋がジャンプ動作で酷使され、膝のお皿の周囲の痛みが発生します両膝を痛めることもあります。うつぶせに寝てかかとがお尻につかない人は要注意です。

スポーツ中の痛みを我慢してしまうと、かばった動きをするため他の部分も痛くなってきます、これでは悪循環です。
基本的には姿勢を崩さずに、メンテナンスを行い、体を滑らかに動かせるようにしておくといいです。
ジャンプをした時に綺麗な体勢が作れるように、日頃から筋肉を鍛えておきましょう。

上尾市すぎやま整骨院 肉離れ 捻挫 成長痛 骨盤矯正 整体

 

陸上でのケガ

陸の上競技の多いケガ

などがあります。

シンスプリント

陸上競技でのお怪我としてシンスプリントが多くあります。シンスプリントの場合は5回程度の施術でよくなります。初回の施術でも大幅に症状がよくなりますので、一度ご相談ください。

捻挫・肉離れ

肉離れや捻挫などでも従来の方法では安静、固定が基本でしたが、積極的に動かすことで通常3週間程度かかるものが圧倒的に早くよくなります。施術はすこし痛みを伴いますが、足をひきづって歩いている方を通常通り歩くことができるようになります。

これは筋膜のねじれやゆがみから痛みがでてくるので、その筋膜のねじれやゆがみを戻すことで痛みがよくなり、正常な可動域で動くことができるようになります。