鵞足炎

 

 

  • 歩き始めで膝内側の痛みが出てくる
  • 大会や試合にでたい
  • 膝の内側が痛くて、日常生活にも支障がある
  • 走ると痛い
  • 夜寝ていると膝がうずく感じがする

鵞足炎とは?|上尾市すぎやま整骨院

膝の内側に痛みがでているときに疑う状態の一つとして鵞足炎と呼ばれるものがあります。
鵞足とは、膝の曲げ伸ばしに関係する筋肉(縫工筋、薄筋、半腱様筋)の付着部分がガチョウの足と似ていることから鵞足と呼ばれています。

 

スポーツ中でも横の動きを頻繁に行うラグビー、サッカー、アメリカンフットボール、バスケットボールなどで起きやすく、かつ、股関節や膝の使い方がうまくいっていない方に起きます。

鵞足炎になる原因とは?|上尾市すぎやま整骨院

膝の屈伸動作を繰り返すことによって鵞足に関係する筋肉が引っ張られ、炎症を起こします。

またX脚やO脚の方、オーバーユーズの方、股関節の柔軟性が低下している方、屈伸時に膝が内側に入ってします方などが鵞足炎になります。運動時の練習環境も影響します。

鵞足炎の予防とは?|上尾市すぎやま整骨院

股関節の柔軟性を作るためのストレッチやフォームチェック、練習するグランドの状況や環境、シューズの検討などがあります。

 

ひとつに固執することなく、すべてを良くしていくことで根本的な解決に繋がります。

 

鵞足炎だけど、明日の試合や大会に出たい!|上尾市すぎやま整骨院

鵞足炎を根本的に良くしていくためには、時間がかかるものです。ただ、試合や大会が近くにある場合は、その場だけでも痛みを軽減して出場したい

 

鵞足炎用のテーピング方法があります。|上尾市すぎやま整骨院

ほとんどの場合はテーピングにより、一時しのぎで痛みを軽減することができます。練習や試合・大会を休まず行うことができます。ただ、痛みが解決したわけではないため、継続した治療が必要になります。

 

鵞足炎の根本解決に向けて|上尾市すぎやま整骨院

上尾市すぎやま整骨院では膝の曲げ伸ばしに関係する筋肉(縫工筋、薄筋、半腱様筋)に対するマッサージやストレッチなどを行います。

超音波による温熱療法、脚上げや膝の曲げに関係する筋肉へのハイボルト治療(電気療法)、テーピング、膝が内側に入りやすいことで起こる鵞足炎に対してどうして膝が内側に入ってしまうかを徹底的に精査していきます。