足首の痛み

お一人ずつしっかりと検査し安心して施術を受けていただきます。

 

 

上尾市すぎやま整骨院捻挫足首の痛み痺れテーピング

  • 捻挫をしたときの後遺症が残っている
  • 歩くと足の裏から痛い
  • ふくらはぎの内側から痛い、むくんでいる
  • つま先までのしびれ、痛み
  • 外反母趾による痛み

上尾市すぎやま整骨院スポーツによる怪我アイシングRICE処置

揉むだけ、ほぐすだけでは、足首の症状はよくなりません

上尾市 すぎやま整骨院の施術方法

足首の痛みのいろいろなタイプ
・外くるぶしの痛み

捻挫で捻った際に痛めたケースでは、痛みが出やすい箇所になります。

外くるぶしのみの腫れがあり、かつ、捻った記憶があれば、捻挫の可能性が高くなります。

捻った記憶がないケースでは距骨という骨がずれている場合もあり、当院ではエコー検査を行い、判断をだせていただきます。

 

内くるぶしの痛み

捻った記憶がある場合、捻挫もしくは骨折の可能性が高い症状です。

どちらの場合も、エコー検査を行い、靭帯の損傷部位や骨折の部位を正確に特定します。

当院では捻挫の痛みを早くとることができる特殊な施術を行っています。また、状況に応じてテーピング固定やシーネ固定なども行い、できる限り痛みを早くとることに取り組んでいます。

 

両くるぶしの痛み

捻った記憶があれば、骨折の可能性が高い

エコー検査を行い、骨折の部位を特定します。状況に応じて足首の専門的な治療を行っていただける整形外科のご紹介も行っております。

上尾市すぎやま整骨院 肉離れ 捻挫 成長痛 骨盤矯正 整体

 

原因不明の足首の痛み

少し専門的な部分なってしまいますが、距骨・踵骨などの足を構成する骨が歪んでしまったり、ずれてしまったりすると原因がなくても痛みや違和感を感じるケースがあります。
歪みやずれは数回の施術でもとに戻せる可能性が高い為、気になる方はぜひ上尾市すぎやま整骨院へご相談ください。

世界で認められた矯正用インソール

また、足首の痛みがあるケースで何度も繰り返している場合は、世界基準の矯正用インソールを処方します。

しっかり施術をしないと捻挫は癖になり一生付きまといます。
しっかり施術を行うことで捻挫癖を作りません。
捻挫の程度が軽度~中度のものは、痛み、腫れ、可動域、筋力を検査し、細部まで状態を把握したうえで、固定具やテーピング・インソールなどの処置をさせていただきます。

骨折の施術では、骨癒合を早める機械を使い可動域をよくします。適切な処置を行えば後遺症が残ることはありません。固定具を外した後が、リハビリの重要な期間です。骨折のリハビリに特化したプログラムも用意しております。固定を外した後、期間が空いてしまった場合でも当院の骨折リハビリプログラムはよくなる方が多くいます。

 

整体やマッサージとは違う全身バランス整体を体感してください

足首の痛みに関係する筋肉たち

すねの筋肉やふくらはぎの筋肉などが大きく関係しています。

足首を痛めたあとは動きを制限しようとして膝下の筋肉~足首周辺の筋肉までが固まってしまいます。足首の痛み 捻挫 打撲 挫傷

足首を痛めてから2週間以上続く、痛みは靭帯を痛めただけでなくこのような筋肉の硬さの影響で歩く時の痛みや走る時の痛みを作っています。
これは安静にしていれば治るものでもなく、一定の動きを入れながらリハビリとしてしっかり動かしていかないとよくなりません。

簡単チェック方法

捻挫後のチェックする筋肉については前脛骨筋、腓骨筋があります。
左右の脚の同じところを触ってみても痛めた側は硬さと痛みを伴うはずです。
その部分をしっかりとほぐしてあげて、柔らかさをつくり足首を動かすと症状がよくなっています。

上尾市すぎやま整骨院 捻挫 肉離れ 成長痛 シンスプリント オスグットこのように施術を行っていくと、捻挫後のなかなかひかない痛み、可動域の悪さなどはよくなります。

 

 

足首の痛みで仕事や運動を休みたくない方

突発的に足首を痛めてしまうことは多くあります。
急な痛みでつらいけど明日の試合に出たい、どうしても休めない事情があるなど場合、施術により症状をおさえることができます。
痛みで歩くこともつらいときや走れないときなどに走れる状態までもどすことができます。

捻挫で諦めてしまう前に一度ご相談ください。力になれることがあります。

平日夜20時まで受付しております。

上尾市 すぎやま整骨院|症例

  • 上尾市 30代 女性 外反母趾で来院

    上尾市すぎやま整骨院ヘルニア脊柱管狭窄症せき髄圧迫腰痛しびれ全身バランス整体

    外反母趾が悪化して痛みを伴うため来院
    外反母趾用テーピングと物理療法、手技療法にて治療行う。痛み自体は1週間程度で改善したが、足首周囲の関節が固まっている継続して来院していただき加療する。
    自宅でのストレッチや簡単なテーピング法を指導し、経過良好

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 上尾市 40代 足底腱膜炎の疑い来院

    上尾市すぎやま整骨院足底腱膜炎足裏の痛み外反母趾

    歩くときや走るときに足裏の痛みがあり、趣味のウォーキングやランニングが出来なくなり来院
    当初は長距離を走っていると足裏が痛くなってくるような状態だったが、最近は常に痛みがあり困っている。
    ふくらはぎから足底にかけての筋緊張や、足指の屈曲制限などが確認され、物理療法、手技療法にて治療をする。また、普段履いている靴のインソールにアーチサポートなどを施した。
    痛みは徐々に軽減し、足指の可動域も改善した。アーチサポートにより通院回数を減らし、週に1度の来院で経過良好となった。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 上尾市 10代 男性 野球の練習中に捻挫して来院

    上尾市すぎやま整骨院野球の練習中に足首捻挫前距腓靭帯損傷腫れ内出血

    野球の練習中にベースランニングをしていて捻り痛めた。腫れ、内出血、足をつくと痛みがあり、歩行困難な状態で来院。
    重度の捻挫として治療を行う。1週間ほどシーネ固定を行い、腫れや内出血が引いて、地に足をつける状態まで回復。以降、テーピングを行いながら自宅でできるリハビリメニューを配布する。
    2週間後から部活に復帰し、足首の回旋動作を制限した状態で、できることのみをやってもらう。
    3週間後には全力ダッシュが可能になるまで回復。回旋動作での痛みや可動域低下が残っているため、継続的に通院をしてもらい、経過良好。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。