捻挫・肉離れ

上尾市すぎやま整骨院捻挫肉離れシンスプリント

  • 部活動中に痛めてしまった
  • 久々の運動で肉離れになった
  • スポーツ活動中のケガ
  • スポーツにいち早く復帰したい
  • 1度ケガをしてからケガをしやすくなった

上尾市 すぎやま整骨院施術方法

足首の痛めた部位による違い

バスケット 捻挫 肉離れ ケガ・そとくるぶしの腫れ ⇒ 捻挫の可能性が高い
・うちくるぶしの腫れ ⇒ 捻挫もしくは骨折の可能性が高い
・両くるぶしの腫れ ⇒ 骨折の可能性が高い

痛めてしまった部位からケガの仮説を行い、エコー観察で靭帯や関節・骨の異常を判別します。

捻挫の分類
1度のケガ/軽度(腫れなし・歩行痛あり) 

・完治まで2週間程度必要。初期の1週間はテーピング固定をお勧めします。
・当院の医療機器(ライプス) ⇒ 捻挫を30~40%程度早く改善する機械を毎日あてる。
・出来るだけ早期改善のご希望の方は捻挫専門施術をお勧めします→即効性があります。

2度のケガ/中度(腫れ若干・歩行痛あり) 

・完治まで2-3週間程度必要。
・テーピング固定 ⇒ 本人やご家族にご相談します。
・試合/大会の日時から逆算して治療を組み立てます。
・当院の医療機器(ライプス) ⇒ 捻挫を30~40%程度早く改善する機械を毎日あてる。
・出来るだけ早期改善のご希望の方は捻挫専門施術をお勧めします→即効性があります。

3度のケガ/重度(腫れ重度・歩行痛も顕著)

・完治まで4週間程度必要。固定1-2週間その後テーピング1-2週間
・当院の医療機器(ライプス) ⇒ 捻挫を30~40%程度早く改善する機械を毎日あてる。
・出来るだけ早期改善のご希望の方は捻挫専門施術をお勧めします→即効性があります。

急性の捻挫の場合は、固定具やテーピングかつ捻挫専門施術を駆使して、日常生活中の痛みをよくします。

痛みの残る状態での活動は禁忌で、後遺症の原因になります。
当院では急な捻挫でも手技療法、物理療法、固定やテーピングなど接骨院・整骨院でできることはすべて行い、当日中に痛みの少ない状態で活動していただけるよう調整します。

整体やマッサージとは違う全身バランス整体を体感してください

1年以内に3回以上 足首を捻挫をしているとき

捻挫のくせがついてしまっています。
足首の筋力低下やバランス感覚の悪さが捻挫クセを作ります。

痛みの改善後に、根本解決を目指すために世界で認められた矯正用インソールを処方します。

捻挫の関係する筋肉たち

上尾市 すぎやま整骨院 捻挫 肉離れ スポーツ障害すねの筋肉やふくらはぎの筋肉などが大きく関係しています。

捻挫した後は捻挫を防ごうとして膝下の筋肉~足首周辺の筋肉までが固まってしまいます。

捻挫してから2週間以上続く痛みは靭帯を痛めただけでなくこのような筋肉の硬さの影響で歩く時の痛みや走る時の痛みを作っています。

これは安静にしていればよくなるものでもなく、一定の動きを入れながらリハビリとしてしっかり動かしていかないとよくなりません。

捻挫後のチェックする筋肉については前脛骨筋、腓骨筋があります。

左右の脚の同じところを触ってみても痛めた側は硬さと痛みを伴うはずです。その部分をしっかりとほぐしてあげて、柔らかさをつくり足首を動かすと症状がよくなっています。

このように施術を行っていくと、捻挫後のなかなかひかない痛み、可動域の悪さなどはよくなります。

上尾市すぎやま整骨院捻挫スポーツ障害肉離れ

上尾市 すぎやま整骨院 肉離れ

肉離れの施術方法
1度のケガ/軽度(腫れなし・歩行痛あり) 

・完治まで3週間程度必要。初期の1週間はテーピング固定をお勧めします。
・当院の医療機器(ライプス) ⇒ 肉離れを30~40%程度早く改善する機械を毎日あてる。
・出来るだけ早期改善のご希望の方は肉離れ専門施術をお勧めします→即効性があります。

2度のケガ/中度(腫れ若干・歩行痛あり) 

・完治まで3週間程度必要。
・テーピング
・試合/大会の日時から逆算して治療を組み立てます。
・当院の医療機器(ライプス) ⇒ 肉離れを30~40%程度早く改善する機械を毎日あてる。
・出来るだけ早期改善のご希望の方は肉離れ専門施術をお勧めします→即効性があります。

3度のケガ/重度(腫れ重度・歩行痛も顕著)

・完治まで4~8週間程度必要。テーピング3週間
・当院の医療機器(ライプス) ⇒ 肉離れを30~40%程度早く改善する機械を毎日あてる。
・出来るだけ早期改善のご希望の方は肉離れ専門施術をお勧めします→即効性があります。

急性の肉離れの場合は、テーピングと肉離れ専門施術を駆使して、日常生活中の痛みをよくします。

痛みの残る状態での活動は禁忌で、後遺症の原因になります。
当院では急な肉離れでも手技療法、物理療法、テーピングなど接骨院・整骨院でできることはすべて行い、当日中に痛みの少ない状態で活動していただけるよう調整します。

肉離れについて

肉離れは走ることが多いスポーツでは太ももの後ろやふくらはぎに多くなります。腕を使うスポーツでは前腕や上腕にでてきます。

そもそも肉離れとは筋肉がさけるチーズのようにめくれるようにはがれることをいいます。
はがれているような状態を1回の施術でもある程度まで戻すことができます。

肉離れだからスポーツを諦めないでください。
試合や大会を諦めないでください。

肉離れの施術は安静やアイシング以外にも方法はたくさんあります。
場合によっては悪いところを直接触ることもあります。
そのほうがはやくよくなってくれるからです。

 

最近の研究や論文では安静や固定は長期間行うべきでないとされています。

スポーツ障害でお悩みの方は是非一度すぎやま整骨院へご相談ください。ケガから一日でもはやく復帰することコンセプトに日々取り組んでいます。

上尾市すぎやま整骨院 肉離れ 捻挫 成長痛 骨盤矯正 整体

捻挫を早くよくする方法

捻挫をはやくよくする方法として、

腫れがある場合や、熱感がある場合は徹底的にアイシングを行います。このときに注意しなければいけないことが湿布は効果はあまりありません。

徹底したアイシング。氷で冷やすことが大切

捻挫により体の中に傷ができてそこから体内の液体がしみ出てくるようなイメージをもってもらうといいと思います。

これが腫れにとして、確認できるようになります。普段はしみ出てくるものではないので、体が異常な状態だと感知して痛みを作ります。

腫れが出れば、出るほど痛みが引きづらくなってしまうので初期段階での徹底したアイシングが有効です。

足首の背屈可動域が大切

これが腫れや痛みでできなくなってしまうと足を引きずってしまう歩き方になってしまいます。これが悪循環になり正常な歩き方がわからなくなってしまい、痛みを長引かせてしまいます。

捻挫をした当日から、背屈の動きに制限がかからないようにリハビリや関節を動かしていきます。松葉づえや足を引きずって歩いてきた方が、ケガする前のように歩けるようになります。

一日でも早く捻挫をなおしたい方は、すぎやま整骨院でお待ちしております。

捻挫と骨折の見分け方

捻挫と骨折の見分け方

捻挫と骨折の見分け方は腫れの出る部分と腫れが出てくるスピードで分かります。

腫れの部分で鑑別

  • 足首の外側が腫れている場合 → 捻挫
  • 足首の内側が腫れている場合 → 骨折の可能性もあり
  • 足首の内測と外側が両方腫れている場合は → 骨折 → 手術も必要な場合があります。早急に病院へ行ってください。

痛めた時に急激に腫れが出てきた場合も骨折を疑ってください。

このような点に気を付けていただけると、足を捻ってしまったときに焦らずに対応できます。

上尾市 すぎやま整骨院|症例

  • 上尾市 15歳 女性 体育祭の大縄跳びの練習中に右足首を捻挫 ギプス固定により短期治癒

    上尾市すぎやま整骨院捻挫激痛テーピング再発防止

    受傷時歩くことが困難で、友達に抱えられながら来院。足首を少しでも触ると痛みを訴えており、本人は骨折を心配されたいたが、多角的な検査を行った結果、捻挫と判断。体育祭を10日後に控えていたため5日間ギプス固定を行い、痛み消失。足関節がややずれていたので関節調整を行い、運動再開。体育祭の前日に来院していただき、痛みや動きに問題はないが、本人希望により捻挫防止テーピングを施し、体育祭にはフル出場。後日、優勝は出来なかったようだが、全力走れ、悔いなくできたと報告をしにきてくれた。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 上尾市 17歳 男性 陸上部 ランニング中、太もも裏に激痛が発生し来院

    上尾市すぎやま整骨院野球の練習中に足首捻挫前距腓靭帯損傷腫れ内出血

    重度の肉離れ
    太ももに痛みがあり、歩く時の痛みや階段の昇り降り、小走りをした時に痛みがある
    大腿二頭筋内側中間部~下部にかけての肉離れと判断し、最新の物理療法とテーピング、筋バランスを整える手技治療を行い、初回処置を終える。当日中には歩いた時の痛みは消失したことを確認。以降、3週間程は3日に1度のペースで通院していただき、治療を継続し運動再開、リハビリは再発防止のために筋バランスを考えて指導、4週間後から全力で走れるようになった。その後も、リハビリを兼ねて週に1度のペースで1か月ほど通院していただき、筋バランスやセルフケアの方法を指導。痛みや連動した動きに全く問題がないため治療終了。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 上尾市 45歳主婦 バレーボール サーブを打ったときに肩を痛めた

    上尾市すぎやま整骨院交通事故むち打ち後ろから衝突

    バレーボールの練習中でサーブを打った時から肩が痛くなったことで来院
    腕を90度以上上げようとすると肩の付け根に痛みが発生
    原因として、肩甲骨と上腕骨の動きが悪くうまく連動していないこと、三角筋が過緊張状態で何かが挟まるような痛みを引き起こしている。およそ2週間で痛みが消失し運動再開、不意に動かしたときの痛みが残っているため、その後2週間はリハビリとして週に1~2回ほど通院していただき物理療法、手技治療、テーピングを行い完治した。現在ママさんバレーの主力選手として活躍中

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。