腱鞘炎

上尾市すぎやま整骨院腱鞘炎ツボ指の痛み使いすぎ手首の痛み

  • 親指の付け根が痛い
  • 手首が痛い
  • 朝起きると手がこわばる
  • 手をつくと痛い
  • 指の曲げ伸ばしが痛い

腱鞘炎とは

上尾市 すぎやま整骨院 整体 骨盤矯正 手首の痛み 腱鞘炎腱鞘炎とは手を握る、指を曲げ伸ばしするなどの動作、手首や指の使い過ぎで関節や腱に炎症が起こり、痛みで動かせなくなることをいいます。

腱鞘炎で悩まれている患者様の多くは、物書きや事務作業員など、日頃からよく手を使って作業される方々です。

また、同時に肘や肩の痛みを訴える方も多くいます。腱鞘炎とあなどっていると、気づいた時には関節の変形や筋肉の拘縮が起きていしまい、手術を受けないといけない場合や後遺症で悩むことになり日常生活に支障をきたすこともあります。

腱鞘炎と甘くみないで、早めに整えましょう。

上尾市 すぎやま整骨院 腱鞘炎 手首の痛み 腕の痛み 捻挫

 

上尾市 すぎやま整骨院 腱鞘炎施術

上尾市すぎやま整骨院腱鞘炎指の痛み手首の痛み腱鞘炎は基本は安静と休養が第一になります。しかし、仕事を休んだり、周りに迷惑をかけたくない思いで無理をする場合がほとんどかと思います。結局施術をせずに痛み止めなどに頼り我慢をされている話をよく聞きます。

仕事をしながら治したい方、安静休養ができない方などは、ご自分で取り外し可能な固定具、サポーター、テーピングなどで対応させていただきます。症状や患者様の生活に合わせて施術内容、固定内容を決めていきます。

当院でのおすすめとして取り外し可能な固定具です。患者様の手の形に合わせて固定具を作り、ご自身で取り外しをしていただけるものになっています。サポーターと違い、硬い素材ででできているため強固な固定力があり日常生活では痛みがほとんどなくなり、かつ動かすことが可能です。上尾市すぎやま整骨院腱鞘炎手首の痛み手をつくと痛い

 

腱鞘炎に関係する筋肉たち

前腕の筋肉が固まってしまうことで腱鞘炎になります。前腕には細かい筋肉がたくさんあり一つ一つが動くよりも全体が動くことで一つの動きをします。一つの筋肉が原因になることは少なく、各種検査を行ったうえで、施術を行う必要があります。

腱鞘炎も段階があります。

1・痛みは出ないが患部の重さや筋肉痛のような状態

手をグーにしている動作や基本的に手を開かない方、子供の抱っこなどでもこの状態になります。まずは気になる部分のストレッチを行いましょう。この段階なら十分楽になるはずです。

2・ときどき痛むときがある

痛みの出る部分と肩から腕までのストレッチが必要です。このまま放置していくと悪くなってしまうため、しっかりとケアが必要です。

3・一定の動きで痛みがでる

特定の筋肉が硬くなってしまっているので、少し痛いですがその筋肉を直接ほぐすことと肩から腕、腕から手首までを入念にストレッチします。

4・日常生活に支障が出る

こうなる前にケアが必要ですが、日常生活に支障がでるようになった場合は複数の筋肉たちが原因になっています。どの動きで痛いかよく確認して、その部分に特定の筋肉たちをほぐしましょう。またストレッチも忘れずに!

5・安静時の痛みがあり、ジンジンする

患部を触ると熱感があるはずです。アイシングを20分以上行うことで熱感に伴う炎症がよくなります。また、最低限の動きができるように固定をしてしまうことも必要になります。

 

このように段階にも分かれるので、腱鞘炎かなと思ったら是非一度ご相談ください。

上尾市 すぎやま整骨院 腱鞘炎 手首の痛み 整体 骨盤矯正

 

ばね指

ばね指

上尾市 すぎやま整骨院 ばね指 腱鞘炎 骨盤矯正 姿勢矯正ばね指は一口に腱鞘炎と言われていますが、いったいどこのどういった腱が炎症を起こしているかきになりませんか?

ばね指に関係する筋肉たち

親指のばね指であれば→長母指屈筋、短母指屈筋、短拇指内転筋という筋肉たちが症状をつくります。そのほかの指であれば、浅指屈筋、深指屈筋といわれる筋肉たちが原因を作ります。筋肉の表面につく膜組織も重要な部分になります。

また、ばね指になる方の特徴で指を伸ばした時にあまり反り返ることができません。普段から手をグーの状態にしていることが多いためでしょう。

ばね指の予防に指を伸ばして反り返るようにストレッチをすることも大切です。

それでもよくならない場合は一度、当院へご相談ください。

上尾市すぎやま整骨院腱鞘炎 ばね指 骨盤矯正 姿勢矯正 スポーツ障害

 

上尾市 すぎやま整骨院|症例

  • 上尾市 50代 男性 物を持つと肘から手首が痛い

    上尾市すぎやま整骨院腱鞘炎肘が痛い内側上顆炎

    仕事で重いものを持つ作業が多く、日ごろから酷使しているため痛みが治らないので来院。
    肘関節の可動域が悪くなり、手をついた時の手首の痛みがあり仕事や日常生活に支障をきたしている状態です、肘は外側上顆炎の症状があり、前腕の筋肉が過緊張状態です。このまま無理をしていると肘が変形してしまう恐れもあるので、筋肉を緩め、関節の可動域をだすように施術をしておりました。
    肘の改善と共に、手首の症状も改善しています。肘をかばって手首の痛みが出てたことが確認できました。現在は定期的に治療をしておりますが、経過良好です。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 上尾市 40代 女性 腱鞘炎で来院

    上尾市すぎやま整骨院交通事故むち打ち後ろから衝突

    仕事で重いものを持つことが多く、手首が痛くて腫れてきたため来院。
    初診時に痛みと腫れが強く、日常生活に支障をきたしているため固定具を作り、安静状態を作る。最低限の家事や生活はできるように自分で取り外しができる固定をつくった。
    1週間ほどで腫れが消失し、可動域もでてきた。痛みがまだあったので、固定具をしながら、日常生活や家事の幅を増やして過ごしていただく。
    3週間程度で、仕事、家事、日常生活に支障が出ない状態まで回復。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。