バスケットボールでの怪我・リハビリ

上尾市すぎやま整骨院バスケのケガ捻挫肉離れシンスプリントテーピング

  • アキレス腱が痛い
  • ふくらはぎの内側が痛い
  • 膝が痛くて、ダッシュできない
  • いつも足がだるい、重い
  • 足の裏が痛くて走れない

上尾市 すぎやま整骨院 バスケットボールでのケガについて

バスケット多い怪我は、突き指 足首捻挫 膝の痛み(ジャンパー膝) オスグット病 シンスプリント 半月板損傷 アキレス腱炎 疲労骨折 などです。

 

バスケットの特徴として、スピード感があり、相手とぶつかり合う激しいスポーツです。また、一人のプレイするスペースがほかの球技よりも非常に狭いために切り返し、方向転換、カッティングでの素早い判断、反応、が必要になります。

バスケットは非接触型の競技ですが、最近では相手との接触は暗黙の了解になっており、ボディコンタクトの強さ、バランスが要求されるスポーツです。

体力差の出る後半にケガが発生することが多く、、さらに、床は滑らないので、足腰への負担が非常に大きくなります。
これを毎日のように繰り返すと膝まわりの骨や腱、筋肉、それにアキレス腱や足の骨などが悲鳴をあげます。

 

上尾市 すぎやま整骨院 バスケットボールの競技復帰までの流れ

バスケットでのケガで足関節の捻挫が多く、再発率が5割以上と報告されています。また、女子の膝のケガ(前十字靭帯損傷)は、男子に比べて3倍以上との報告もあります。

足関節の捻挫後、不十分な固定やリハビリで、足関節の柔軟性が低下してしますと再発の危険背が上がり、パワーポジションの位置もとりずらくなってしまいます。さらには、腰痛の原因にもなります。

プレー復帰までのながれ

①足関節の背屈