交通事故・むち打ち

上尾市すぎやま整骨院後ろから追突された

  • めまい、頭痛、吐き気がでてきた
  • 事故後の後遺症が残っている
  • レントゲンで異常なしだが、不調が出ている
  • ストレートネックと言われた
  • 疲れやすくなった

上尾市 すぎやま整骨院 交通事故・むち打ち治療

 

交通事故によるむち打ち症は症状は様々な症状があります、例えば頸椎捻挫型 神経根型 脳脊髄液減少症 などです。交通事故後のむち打ち症が分類されている理由は、それぞれの症状・タイプに合った治療法が異なるからです。

まずは、どのタイプに属するか問診時に精査します。これをしないと予後が悪くなる可能性があります。特に脳脊髄液減少症の疑いがある場合は、MRIやCTなどで検査が必要になります。最悪、手術が必要になるケースもあります。上尾市交通事故むちうち治療示談めまい吐き気目のかすみ

 

当院の特徴は交通事故後のお怪我の鑑別が明確にできる点です。

 

治療だけであればどの院でもある程度は可能だと思いますが、明確にタイプ別治療が可能な院ははかにないと自負しております。

私自身も高校生の時自転車で走行中、車に轢かれたこともあります、その時のことは鮮明に覚えていますが、気が動転して自分の体のことは二の次になってしまいました。後日、倦怠感や吐き気、頭痛がでました、生活に活力もなくなってきました。全く治療をしなかったせいだと思います。

この経験から交通事故のお怪我で困っている方、悩んでいる方は見過ごせません。

ぜひ当院へご相談ください

上尾市すぎやま整骨院交通事故治療むち打ち治療頸椎捻挫型神経根型脳脊髄液減少症

 

上尾市 すぎやま整骨院 交通事故 症状

上尾市すぎやま整骨院むちうち治療交通事故後遺症首が回らない交通事故で肩をお怪我された場合

病院関係では肩関節捻挫と診断されることが多いようです。また、レントゲンなどでは診断名があまりつかないですが亜脱臼をしているケースもあります。肩関節が半分脱臼していてますが、肩は上がり、日常生活も可能で時々痛みがある場合です。多く症例があります。

交通事故で腰をお怪我された場合

病院関係では腰のお怪我の場合は、腰椎捻挫と診断されることが多いようです。交通事故直後の衝撃はまず腰に入ります。腰から背骨を伝わって頸椎から頭部へ衝撃が抜けて、そのときに腰~背骨~頸椎~頭部へむちを打ったような状態になるためにむち打ち症と言います。

交通事故で膝をお怪我された場合

病院関係では膝関節捻挫と診断されることが多いようです。例えば、ダッシュボードに膝をぶつけてしまい靭帯などを痛めてしまうことが多いです。そのままにしてしまうと後遺症が残ってしまい、日常生活に支障をきたしてしまいます。

 

交通事故で足首をお怪我された場合

病院関係でレントゲン上は異常はないといわれることもありますし、足関節捻挫と診断されることもあります。足首周囲にはたくさんの関節があり、強い衝撃をうけると簡単に関節がずれることがあります。その状態で歩いていると足が痛くなり、膝、股関節、腰に大きく影響します。

交通事故むち打ち症骨折脱臼捻挫打撲挫傷肉離れ

 

上尾市 すぎやま整骨院 交通事故 骨折

上尾市すぎやま整骨院交通事故治療むちうち治療後遺症首が回らない交通事故ではむち打ちや打撲、捻挫、靭帯損傷などが多くみられますが、実は骨折も多くあります。

比較的多い骨折では肋骨骨折、胸骨骨折、腕の骨折などが多くあります。骨折のリハビリ、手術後のリハビリは数か月~1年以上かかる方もいます。放置すれば間違いなく後遺症として残ってしまいます。ある程度の時間をかけてもリハビリや治療を加えるべきと考えております。

上尾市すぎやま整骨院自賠責保険慰謝料通院

上尾市 すぎやま整骨院|症例

  • 上尾市 20代 交通事故で来院

    上尾市すぎやま整骨院交通事故むち打ち頭痛吐き気ぼやけ

    右折信号で停車中に前方から来た車に衝突された。フロント部分がへこみエアバックが出たため、衝撃は相当強かったことがうかがえる。翌日から全身筋肉痛のような症状とだるさ、頭痛、耳鳴りを感じるようになったようだ。
    全身の筋緊張から体の力を抜けない状態になっていたため、交通事故専門治療を行う。
    2か月程度で症状が改善傾向になり、5か月で日常生活に支障がない状態まで回復した。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 上尾市 40代 女性 交通事故にて来院

    上尾市すぎやま整骨院交通事故むち打ち後ろから衝突

    信号に停車中に後ろから追突された。その時は痛み、違和感、だるさなどはなかったが、翌日から腰~首までの痛み、頭痛、吐き気がしたため来院。腰~首までは炎症がみられ、特に首は腫れているような、むくんでいるような状態になっていた。
    交通事故の場合は、体に強い衝撃が入っているため、通常の治療とは別に交通事故専門治療を行っています。
    6か月で治療にかかりましたが、後遺症もなく経過良好な状態です。

    交通事故の場合、通常3~6か月程度治療期間をとっています。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。