膝の痛み

上尾市すぎやま整骨院膝の痛みひざに水が溜まる

  • 膝が痛くて伸びない、曲げると痛い
  • 膝の手術後で痛い、動きが悪い
  • 整形外科で注射をしている
  • 成長痛で悩んでいる
  • 歩くと痛くて外出が減った

上尾市すぎやま整骨院O脚X脚変形性膝関節症歩行困難膝の内側が痛い

揉むだけ、ほぐすだけでは、膝の症状は改善しません

上尾市 すぎやま整骨院の施術方法

上尾市すぎやま整骨院膝の痛みひざの内側痛い上が痛い外側痛い当院での膝の治療は、腰の治療と並行して行います。人間の動作として腰~股関節~膝~足首は連動します、もちろん上半身を含めて連動するので関連する部分でいえば全身になります。より確実で効果的な治療をするために歩行動作や屈伸動作などを確認しながら治療を進めていきます。また、整形外科的テスト法や科学的・医学的データから痛み、しびれの本当の原因を特定します。患者様にも理解していただけるように説明し、納得していただいたうえで治療していきます。

膝に関連する動きはたいへん複雑で、放置すると手術になる可能性もあります。長く歩ける体づくり、膝づくりは一人ではなかなか難しいものだと思います。特に歩き方が大切です。

痛みがある場合でも、ない場合でも歩き方に関心がある方は当院へご相談ください。最新の医療機器と手技治療により筋肉・関節を一つ一つアプローチし、歩行アドバイスもさせていただき、きっと満足いただける施術をご提供できます。

 

治療技術は日進月歩で成長していきます、今日最新のものでも、すぐに古くなってしまいます。古いものでも、もちろん効果はあると思いますが、より効果的で確実な治療法は常に新しいところにあると考えています。

常に新しい情報、新しい方法で治療にあたるところが当院の特徴です。

また、施術だけではなく、当院に入っていただき帰られるまで、居心地がよく、肩の力が抜けるような環境づくりも徹底して取り組んでいます。そういった意味でも当院だけでしかできない治療があると考えております。

受付スタッフから施術スタッフ全員、とにかく真面目で真剣に治療に取り組んでいます

上尾市 すぎやま整骨院|症例

  • 上尾市 30代 男性 十字靭帯を損傷し、手術後のリハビリで来院

    上尾市すぎやま整骨院顎関節症口が開かない歯ぎしり頭痛

    フットサル中に転倒し前十字靭帯を損傷し、手術を行った。手術後数か月経過したが一向に良くならないので来院。
    前十字靭帯損傷に併発しやすい内側半月板や内側側副靭帯なども痛めているようで、歩くときの違和感、走るときの痛み、正座ができないなどの症状を訴えていました。
    フットサル復帰をできるだけ早くしたいという希望で、自宅でのリハビリメニューを配布。週に2回ほど通院していただき、経過観察を行う。1か月ほどで走ることが出来るようになったので、テーピングをしながらフットサル復帰をしてもらうことができた。やや痛みがあるものの悪化することなく、継続したリハビリで経過良好。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 上尾市 20代 男性 膝関節のロッキングで来院(半月板損傷)

    上尾市すぎやま整骨院ランニング中の膝の痛み十字靭帯損傷半月板損傷

    デスクワークの仕事で、長時間座っていて立ち上がろうとした時から膝が伸びなくなり、曲がった状態でロッキングを起こしてしまい来院された。
    半月板へのアプローチを行い、ロッキング解除。
    その場で完全に膝の曲げ伸ばしができるようになり、改善した。
    その後も繰り返しやすい症状なので、大腿部からふくらはぎを緩め、膝関節の可動域を上げるように施術を行い、再発防止の目的で治療を行う。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

  • 上尾市 50代 女性 右膝の痛みで来院

    上尾市すぎやま整骨院膝の痛み歩くと膝が痛い正座ができない

    散歩中に転倒し膝をついたときに痛めたたため来院。
    歩くと膝の前から内側にかけての痛みがあり、正座ができない状態になってしまった。股関節、膝、足首の検査をしてみると、股関節と足首の可動域が少なく、膝が代償的に負担をしているような状態を確認。
    股関節と足首にかけて、可動域を上げるように治療を加え、テーピングを2本処置した。初日で歩行痛は改善したが、階段昇降、小走り、正座では痛みが残る。
    10日後に旅行を控えていたので、継続して通院いただいき、物理療法、手技療法にて加療をし、テーピング処置を繰り返した。結果、旅行中は痛みを忘れて歩くことができたと後日報告をいただいた。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。