花粉から頭痛が起こる不思議

最近では多くの方が花粉症に悩まされている思います。また、寒暖の差により、体調不良や体の重だるさ、疲労が抜けない状態になりやすい季節です。

 

花粉症の方は、大きく分けるとアレルギー性の鼻炎タイプとアレルギー性の結膜炎タイプの2つに大別されます。

 

花粉症による頭痛のメカニズム

花粉症により、鼻づまりを起こします。

   ↓

鼻づまりによって呼吸が浅くなり、脳内の血流不足になります。

   ↓

脳内の血流不足により、酸欠状態になってしまいます。

   ↓

頭痛を引き起こします。

その他、首や頭の血流不足により、肩こり眼精疲労なども引き起こします。

 

 

夜間の鼻づまりがある方は特につらい症状が出るかと思います。

睡眠不足、疲労蓄積、ストレスなどでつらい時期ですよね。

 

春の花粉症は遅くとも5月頃までには落ち着いてきます。では5月まで我慢。。。する必要はありません!

 

 

花粉症の起こるメカニズムを理解してうえで

当院では『徹底的に血流を良くすること』に着目して施術を加えていきます。

 

特に首回りの血流を良くすることで、緩和されることが多くあります。また、全身の血流を良くする方法として骨盤矯正を取り入れて施術をします。

 

普段から体を温めたり、ストレッチなどで血流を良くすると症状が緩和される方は当院でも力になれると思います。花粉症そのものは、薬などに頼る部分も多くあるかと思いますが、そこからくる頭痛は整骨院で対応できる場合もあります。

 

花粉症対策も必ず必要なことですが、花粉症が引き起こされている最中もいかに症状を緩和させるかを考えてあげることが大切です。仕事や日常生活をもっと快適に、もっと素敵に過ごすために、1人で我慢せずにまずはご相談ください。

 

また、花粉症からくる頭痛以外にも、肩こりからくる頭痛、デスクワークからくる頭痛、眼精疲労からくる頭痛など様々です。

そのような場合でも当院では皆様の力になれることがあると思います。

1人で悩んず、我慢せず、まずはご相談ください。