その頭痛、春バテかも!?

原因不明に体調不良や昼間眠い、寝ても疲れがとれないなどの症状は春バテです。

また、およそ9割の人がこの時期に特有の体調不良を訴えているようです。

体が激しい寒暖差に対応するために、交感神経が働きっぱなしになり、疲れやだるさが残ります。また、この時期は花粉症なども起きるのでなおさらストレスを感じることが多くなります。

 

交感神経が過剰に働くと全身の筋肉が緊張状態になります、無意識に体に力が入る状態が続き、リラックスすることが出来なくなります。結果として、循環不良になり、頭痛、腰痛、首の痛みなども起こります。

 

対処法としては

起きたらすぐにカーテンを開けること

太陽光をあびてセロトニンという睡眠に関わる物質を分泌します。

寝つきが悪い、朝起きれない方などは起きようと思う前にまず、カーテンを開けましょう。

 

疲れが抜けない、いつもだるいと感じるからこそ適度な運動をするべきです。

適度な運動をすることで体温上昇と循環がよくなり、睡眠の質も上がります。結果として、快適な一日を送ることが出来ます。

 

運動する時間をとれない方は、お風呂にゆっくり浸かり、体を休めることをしてください。

30分ほど何も考えずにゆっくりお風呂に浸かっていると、驚くほどスッキリします。また

体を温めることが大事なことになりますので、目元を温めたり、首元を温めたりして、循環を良くしてあげてください。春バテの症状は改善するはずです。

 

 

それでもつらい症状が残る場合は、1人で我慢せずに、すぎやま整骨院にお任せください。春バテによる頭痛、体調不良や肩こり、腰痛は当院で施術できます。頭痛などを薬で改善しようとする方が多くいますが、薬だけでは根本的に治ることはありません。つらいときは薬も必要になるかと思いますが、出来る限り自分出来る対処をして改善に努めたほうが賢明かと思います。薬に頼って、我慢しながら生活するか、大変で時間もかかりますが出来る対処をして、頭痛生活、疲れが残る生活から抜け出すかどちらかです。

 

当院ではそんな悩みをお持ちの方のサポートを徹底的にします。まずはご相談ください。